MENU

冬のわき汗は夏場より気になるのはなんで?

 

 

冬場になるとふとした時に、汗の嫌なニオイを
感じたことはありませんか?

 

 

冬のわき汗が気になる原因!

 

厚着になるので通気性が悪くなって雑菌が繁殖しやすい

 

通気性が悪く、そのままの状態でいると、雑菌が繁殖して
臭くなってしまいます。

 

 

代謝が高くなるので少し動いただけで汗が多くでる

 

冬になると、体は自然と代謝があがるように出来ています。
そのうえ、厚着をしているので、少しの動作で汗が多く出てしまいます。

 

 

水分摂取量が減るので汗が濃くなる

 

寒い時期には、夏場に比べて水分の摂取量が極端に減るので、
汗に含まれる塩分なども濃縮されています。

 

 

脂っこい食事を多く取っている

 

野菜を多く取っている人と脂っこい肉ばかり食べている人は
汗のにおいにも違います。

 

 

脂っこい食事は、体内に溜まりやすく体臭の原因になります。

 

 

 

 

冬場の汗対策はどうする?

 

ロールオンを使うのも対策の1つですが、ロールオンや
消臭スプレーは、ニオイをごまかしているだけです。

 

 

 

根本から改善されているわけではありません。
拭き取りしないと雑菌と混ざって余計に悪化させてしまう原因にもなります。

 

 

まだ、汗わきパットの方が小まめに取替えられるので
こっちの方がいいと思います。

 

 

すぐ出来る対策としては、運動したり温泉で汗をかいて老廃物を
体内に溜めたままにしないことです。

 

 

冬場はあまり、汗をかかないと思っている人もいて
「まだ大丈夫」と洗濯の回数が減ってくる事があります。

 

 

自分のニオイは気づきにくいので、小まめに洗濯するようにしましょう。

 

 

 

アセッパー口コミ

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ