MENU

多汗症の原因と簡単にできる対策!

多汗症の原因についてですが、さまざまな要素が重なって
発病すると考えられています。

 

 

多汗症には大きく分けて4つの種類があります。

 

・原発性多汗症

 

・続発性多感主

 

・味覚性多汗症

 

・局所性多汗症

 

 

原発性多汗症は、決定的な理由がなく発病するもので、
治療法などもあるようですが、原因を特定するのは難しいようです。

 

 

 

続発性多汗症は、他の病気からくるもので、
元々持っている病気を治すと、自然と解消に向かいます。。

 

 

ここでは、日本人に多い原発性多汗症について話を進めて
行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

原発性多汗症の原因だと思われているのがこの4つ

 

 

ストレスや不安

 

強いストレスや不安を感じると、交換神経が汗腺を刺激して
活発化させます。

 

交感神経が敏感な人ほど、かかりやすいといわれているようです。

 

でも、家でテレビを見ている時でも、汗がダラダラでることがあります。
説明が付かない部分も多いのが原発性多汗症です。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

 

次にホルモンバランス乱れについてですが、
ホルモン分泌は脳の視床下部(ししょうかぶ)で交感神経と一緒に
操作されています。

 

なので、ホルモンバランスが崩れると、交感神経が刺激され、
汗がでると考えられています。

 

 

女性は、月経や妊娠時にホルモンバランスを崩しやすく、
多汗症になる人が多いです。

 

 

 

遺伝

 

 

多汗症という病気じたいが確実に遺伝するという訳ではないようですが、
親が多汗症だった場合は、生活リズムや食べるものが似ているからです。

 

多汗症は病気の1種なので、100%遺伝しないとも言い切れません。

 

 

 

 

生活習慣の乱れ

 

上記でもお話しましたが、多汗症は病気なので、生活習慣が乱れていると、
糖尿病と一緒で発病することがあります。

 

 

 

また、辛いものを過剰摂取していると、味覚性多汗症の原因になります。

 

 

多汗症かなと思ったら早めの対策!

 

生活習慣を見直す

 

タバコとコーヒーをひかえる

 

 

ニコチンやカフェインには、中枢神経を刺激する物質が含まれて
いるので、過剰に摂取していると多汗症の原因の1つになります。

 

やめるのは難しいので、タバコを吸う本数とコーヒーの量を減らしてみる。

 

 

 

辛いものをさける

 

食べ物も辛いものは、控えましょう。
唐辛子をふりかけのように、何にでもかけている人がいますが、体に良くないです。

 

刺激が強いスパイスなどをひかえましょう。

 

 

 

バランスの取れた食事を心がける

 

外食やコンビニのお弁当などが多い人は、サラダを一緒に
食べるようにるすなど、簡単にはじめられることからやってみましょう。

 

 

 

アセッパーで多汗症が改善した方の口コミ

 

 

 

 

このページの先頭へ